スミジッチョウ。

【スミジッチョウ】いつのまにか僕は大人(おっさん)になった。ガタイはデカイが小心者…なので大人の注意ができない。汗を拭きながら狭いロッカールームに戻ると若い彼が着替えをしている。ん!しょうがない、ちょっと時間をずらそう…裸のまま、鏡の前で白髪のチェックや、意味も無く扇風機を見つめ時間を費やす。そろそろいいだろう…戻ってみると、若い彼は着替えを終え携帯をいじっている…ん!(ちょっと、眉間にシワが寄る)しかも、若のロッカーの蓋で老のロッカーの蓋が塞がれている。おいおいおい!(ちょっと、目つきが鋭くなる)若の携帯画面にはLINE画面、長椅子には鞄やコートが占拠。老裸のMARE主、若の横でこそこそとパンツやらタイツを引き出す始末…我介さずの若。だから大声で、言ってやったさ。こらガキ、邪魔なんだ!オラオラ!携帯は禁止だろ、こら!と、こころで叫んだMARE主。なんだかな…いつも、思う。幼少時にちゃんと母親に注意されなかったんだろうな。と…若造が帰って穏やかな着替え中、背後に聞こえる大声。スミジッチョウ…だから、スミジッチョウ…うん。スミジッチョウ!ん。なんだ!今度はおっさんが大声で携帯をしている。穏やかな着替えは一変し、怒りの靴下履きになった。かどと書いて、角。そう、スミジチョウ。うん。角次長に渡しておいて…うりゃおおをうぉ!滑舌がわるいんじゃあわああぁ!ロッカー内、携帯禁止だがむしろそちらの方が気になったのだ!もちろん、こころで叫んだ。世直し隊ではないけれど、最近、特に細かな事にが気になりだしたMARE主。歳をとったのだ…
MAREBITOは携帯し放題! 2月の営業日は28日(土)です。13:00〜18:00 ※19:00〜 岡安圭子朗読会 夏目漱石「こころ」_________________________________ Living Gallery & Space MAREBITO http://mare-bito.com

MAREBITO

古物 創作 【 MAREBITO 】 ジャンルや年代にとらわれない、何やらわからぬモノ、古物を組み合わせた創作モノや リメイクモノ多数。オリジナルで古くて新しい “創作古道具 ” を取り揃えています。

0コメント

  • 1000 / 1000