船長!エピローグは…

初めてのお使い。

妹をかばうお兄ちゃん。

無事お買い物を終えて家に到着。

母はお兄ちゃんと妹を抱きかかえ。

涙を流す。


なんて、感動的なシーンだ!

うーん!


ここまでがドラマ。

スタジオにカメラが移り柴田理恵のアップになる。

号泣だ。

なぜか、大爆笑してしまうMARE主。

これこそ、エピローグ。



映画館が無かった、MARE主の田舎。

娯楽はテレビしかなく、金曜ロードショーはとてつもない外界からのシゲキだった。

そう、黒船。


シルビアクリステルやアランドロンを知ったのも

船長の水野晴雄のおかげだ(淀川長治もそのひとり)映画が終わって、

解説をする船長。


難解な内容や謎解き裏話など、

物語の補足として想像力ある余韻を導いてくれた。

コロンボやカリオストロなんかは船長の腕の見せ所だった。

そう、エピローグ。


今、井ノ原快彦が船長の立ち位置だ。

連続テレビ小説。「あまちゃん」終わりの8時15分。

いのっち登場!余韻を語る、いのっち。

なかなか、良いぞ。

とても、良いぞ。

期待しているぞ!いのっち!

なんだか、そこに水野船長を求めている自分がいたりする。

2013年6月21日初稿

MAREBITO

古物と創作 【 MAREBITO 】 ジャンルや年代にとらわれない、何やらわからぬモノ、古物を組み合わせた創作モノや リメイクモノ多数。オリジナルで古くて新しい “創作古道具 ” を取り揃えています。

0コメント

  • 1000 / 1000