心配は、傘がない。

またしても嫌な思いをした。

雨の日。コンビニの傘置き。

ビニール傘が2本、さしてある。

うーん。

大丈夫か?

間違わないか?(いつも思うのだ)用心深いMARE主。

普段は別の場所に立てかけるのだが、

両手が荷物で塞がっていたため、

迷ったあげく、その「 氣の悪し罠 」へさし込んでしまった。

虫の知らせはプンプンしていたのが、

世の中、極道ばかりがいる訳でもないぞ!と、

訳の判らない道理で己を納得させ、店内へ。


レジ横で荷物の手配をしながら、

何度も入り口を気にしていたMARE主。

弁当を片手に急ぎ足で出て行く、サラリーマン…


レジを済ませ、外に出てみると。

ない!

MARE主のビニール傘。

ちょっと大きめのしっかりしたビニール傘。


案の定、間違えたのだ!

あの弁当サラリーマンが!!!


でた!

なんだよ!

ばっかじゃねーの!

そういうところ、

ちゃんとしてねーから駄目なんだよ!

お前仕事できねーんじゃねーのか!

オラ!オラ!オラ!

だから平社員のママなんだよ。

コラ!オラ!オラ! とは

決して思わなかったが、

気分を害したのは確か。


やっばりな…

12位の占いあたってるぞ。



代わりに、小さめの傘と黒い柄の2本がささっている。

おっさんが、レジを終え出て来たので様子を見ていると、

小さな傘を持っていった。


店内には人がおらず、迷わず、黒い柄のを持ち帰った。

雨はさっきよりも弱まったが、冷たく感じるのであった…

君も大変だったな、できない主人の元で…

雨が降ったらお貸しします。MAREBITOの置き傘、新人です。

MAREBITO

古物と創作 【 MAREBITO 】 ジャンルや年代にとらわれない、何やらわからぬモノ、古物を組み合わせた創作モノや リメイクモノ多数。オリジナルで古くて新しい “創作古道具 ” を取り揃えています。

0コメント

  • 1000 / 1000