プロの彼は足早。

とてつもなく嫌な思いをした。

古道具商なら誰もが経験か?   


骨董市での出来事。

MARE主:8000円です。

客:間髪入れず「高!」すぐにカメラを元に戻す客。

MARE主:相場ではそれぐらいでしたよ。

MARE主の相場調べが甘かったのかもしれない…

しかし感情的に出たその物言いは、どうかと思った。

「うっそだあ〜」一瞬呆れたような、

懐疑的な発言はMARE主を多いに傷つけた。


いやいや、ネットで調べ…

僕はその先まで話をしようとしたが、

彼はもう一言、付け加えて「僕はプロだから…」とっとと立ち上がり、

踵を返して人ごみに消えていった。



残された、MARE主。

彼とのやり取りは出来ない。

まるで当て逃げの様に、去っていったプロの彼。

プロ?

何のだ?

カメラマンなのか?

もしくは銀座の中古カメラ屋?なら、理解出来る。

僕よりははるかに詳しいはずだ。

ただ、言い逃げはないだろ。

(ここでオラ!とか。コラ!とか書きたいがやめておく)


別に嘘をついて、

商品を売ってはいないし相場を考えた上での、

自分なりの時価でヤリトリしている。


今後の為に、彼の意見も聞きたかったのに。

プロの彼はこちらの説明も聞かずに、ぷい。

そこに、彼の感情の短気さが見えて、

気分が悪くなった。

モノに対する温度差は人それぞれ。

沸騰してはいけないのだ。

もっと勉強して、プロになります。古道具の。


MAREBITO

古物と創作 【 MAREBITO 】 ジャンルや年代にとらわれない、何やらわからぬモノ、古物を組み合わせた創作モノや リメイクモノ多数。オリジナルで古くて新しい “創作古道具 ” を取り揃えています。

0コメント

  • 1000 / 1000