てるてる坊主。

まだ、汚れなき小学生だった自分。

遠足前に新聞紙で作った特大のてるてる坊主を

ベランダに吊るしていた。

隣近所では笑われていたらしいが

本人は心の底から遠足を楽しみにしていたのだ。


神頼み。

現在の少し汚れた自分にもある、それ。


骨董市は気象に左右されるので、

前日の天気予報で傘マークがあると、

落ち込んでしまう。

真面目に坊主を吊るしたいくらいである。

同業の古道具商も同じ気持ちではないだろうか。

たぶん。


もし、社団法人古道具団体なんてのが存在して、

公認のてるてる坊主なんぞ、

あったなら買ってしまうだろうか?


いや、俺は買わない。


買わないのなら、お前の古物商を取り上げるぞ!

なんて、脅しを団体からかけられるかもしれない。

(かーいんなんだから、あたりまえだろ、買うの!ってやつ。)

この、非古道具民め!

この業界に住めないようにしたる!


なんて。


お宅、猫飼ってるよね…

日中は家で留守番だよね…

最近、ボヤ騒ぎが…

低い落ち着いた声で言われたりして…


うーん。


またまた。話が横道だ。

梅雨時期前なのでしょうがないけどとにかく、

なんだかとても残念な気分なのだ。

かえる君にとっては待望の雨だが、僕にとっては寂しい雨なんだ。

骨董市がある時には。


_________________


▲ 晴れたら会いましょう、大江戸骨董市で。


初稿_20120602

MAREBITO

古物と創作 【 MAREBITO 】 ジャンルや年代にとらわれない、何やらわからぬモノ、古物を組み合わせた創作モノや リメイクモノ多数。オリジナルで古くて新しい “創作古道具 ” を取り揃えています。

0コメント

  • 1000 / 1000