腰ガクのタイミング。

久々の電車通勤。

おじいが乗り込んで来た。

座っている僕を背に立つ。

とっさの行動が出来ず、

席を譲るタイミングを外してしまった


僕の目線は落着かず、動悸も早くなる。

しまった、どうしよおぉ。


それは笑いのタイミングを外してしまい

言葉を飲み込んでしまった時のような

哀しい気分と一緒だ。


タイミングさえあえば、

今頃大爆笑なのになぁ。と。


だがあえて、

このタイミングでこのおじいを笑かそううではないか!

笑わせすぎて、足腰をガクガクにしてやろう!

次の駅で降りるそぶりで立ち上がり、

おじいめがけて絶妙の間でツッコンでいく。

どうぞ、どうぞ。


うむ。

なかなかのタイミングだったな。

かっこいいぞ、俺!

向かいのOLも見ているぞ!(ドヤ顔だ、きっと)が、

しかしおじいの足腰はガクガクにならず。

さも、ふつーに。

席に座るのであった。

うーん。



笑いは戻らなかった。

絶妙な僕のタイミングは滑ってしまったのだ…

ふっと、頭の中で流れるる、

あのフレーズ。


エーシー♪

何だか、苛立たしい気分になった僕。

つり革を手にした、哀しそうな自分が電車の窓の暗闇に映っていた。

おまえらも、滑らすぞ!

_______________

▲ オイル差しあります。MAREBITO

MAREBITO

古物と創作 【 MAREBITO 】 ジャンルや年代にとらわれない、何やらわからぬモノ、古物を組み合わせた創作モノや リメイクモノ多数。オリジナルで古くて新しい “創作古道具 ” を取り揃えています。

0コメント

  • 1000 / 1000