犬になられる世代

犬になること。


10代と、40代とでは違う。


全然ちがう。



【警告】

シゲキがあると思われる含みがあるので真面目な方、    

上品なご婦人方はご退席ください



小学生の頃。

好きなあの子、犬を飼っていた。

小さな犬。

彼女はいつもそのポピー(たぶんそんな名前)と

一緒に寝ていると言っていた。

いつでもどこでもポピーと一緒。

部屋の中だって、着替え中だって… 

どんな時でも。


既に妄想のカタマリだった小学生の僕は

羨ましくてしょうがなかった。 のだ。   


その犬になりたい。と。




【注意】

早く退席して下さい、そこの上方のご婦人!




20代の頃、

社内一のキレイどころの彼女。

黄色と白のストライプなスカートを履いていた。 

彼女のスカート。男子社員は釘付けだ。

それはまるでミツバチのお尻のように、丸みがあったのだ。

ぼそりと同僚はつぶやいた   



嗚呼、一度で良いから彼女に刺されたいなぁ と






ちと、犬の話ではないけれど、

哀しき雄のサガを感じたりもする。

40代になった今、

妄想のカタマリ犬はそこにはいない。

想像力から脱却し、

もはや脳からの指令は行き届かなくなっている。   


あなたの犬にしてください。

僕は決して、そのタイプではないのだが、

ある意味、そんな犬になる事も悪くないんじゃないかと

おもったりも、することが、あったりも、するけれど、なかったりもする。


10代の犬とでは意味が違う。

40代には悲哀や奥深さを感じられる。

犬になる事とは、凄いことなのだ。



50代、あなたの椅子を売りたい。

塩や味噌を買うために。


______________________

▲ MAREBITO主の名前は「太」。「犬」!と何度も言われた。 

MAREBITO

古物と創作 【 MAREBITO 】 ジャンルや年代にとらわれない、何やらわからぬモノ、古物を組み合わせた創作モノや リメイクモノ多数。オリジナルで古くて新しい “創作古道具 ” を取り揃えています。

0コメント

  • 1000 / 1000