親父の誕生日。

75年も生きていれば

耳が遠くなるだろうし、

物忘れもするだろう

衰えは誰にでもやってくるのだ


そう、

勝手に思っていた。


親父の事だ。



8月19日。

親父の誕生日に電話をした。



いきなり「おめでとう!」と。

しかし、反応はイマイチだ。


以前、何度も、


あ? 


ん? 


あっ? 


と言われていたから

聞こえなかったのか?

ちょっとボケたのか?

と思った、瞬間。   


2日若返ったな、

と笑いながら言う親父。

親父の誕生日は17日で。


2日遅れの連絡だったのだ…


老人とは思えぬ素早い切り返しに関心しつつ、

微妙な気分。   


明らかに僕の勘違いであり、   

記憶の衰えはこちらの方だった。


目が遠くなるだろうし、

物忘れもするだろう

衰えは誰にでもやってくるのだ


そう、

勝手に思っていた。 が、


それは自分の事だった。


うーん。

もう一度、自分を見つめ直すべし。精進すべし。


_________________

▲ずっしりとした古い鏡あります。父の時代のもの。MAREBITOで買えます。


MAREBITO

古物 創作 【 MAREBITO 】 ジャンルや年代にとらわれない、何やらわからぬモノ、古物を組み合わせた創作モノや リメイクモノ多数。オリジナルで古くて新しい “創作古道具 ” を取り揃えています。

0コメント

  • 1000 / 1000