曖昧な闇に光を !

デザイン事務所にいた頃

アートディレクターから

レイアウトに対しての

「駄目出し」があった。 


何度も。 

何度も。 

何度も…     


どこが間違っているのか全く判らなかった、僕。

具体的な指示は無く、

あくまでもこちらサイドに任せた修正だった。


判断はこちら側に委ね、

ジャッチはそちらが気分で決める。

何度直しても終わらない仕事。

何度直してもそちら側の気分が許さない。     

今考えると、ひどいぞ。それ!     


理不尽な運動部のしごきと一緒ではないかぁ!     

根性論とは違う、感情論が見え隠れする。 




ネットオークションをしているとたまに、

主催者側からこんな指摘がくる。

「評価の高いお客様より、

ガイドラインに違反しているとの申告を受けました」 と。

顔の見えない申告者 

つまり「評価の高いお客様」からのご指摘、天の声。


主催者は、申告違反の内容を把握しないママ

出品者の独自のチェック判断に任せる仕組み。

(上から下へのスライド式だね、これは)     


何がどう違反しているのか、     

ガイドラインをチェックしたのだが全く判らなかった、僕。

スライド側の曖昧な態度、

名前を名のらない天の声。


どこがイケナイのかちゃんと教えてくれない。

なんだか気分が優れないのだ。


答えは闇の中。





判断は自分の中か?

曖昧な闇に光を !

ライターじゃないよ。
突起ボタンを押すと蓋の開閉とともに点灯。

詳しい仕組みは全く判らないが、暖かな光を照らしてくれます。

_______________________

▲ ナショナル製、非売品。

MAREBITO

古物 創作 【 MAREBITO 】 ジャンルや年代にとらわれない、何やらわからぬモノ、古物を組み合わせた創作モノや リメイクモノ多数。オリジナルで古くて新しい “創作古道具 ” を取り揃えています。

0コメント

  • 1000 / 1000