ドヤな態度なヒト。

いらっしゃい、まぁーせえー♪ 

お決まりでしょうかぁ。

今ならセットで、ドリンクがお得ですがぁ♪

よろしかったですかぁ♪



そこまでしなくても良いのだ。

そこまでは期待はしていなかったが、

やはり此処は平常心ではいられなくなるところなのだ。



「ん、何?」


「×××の申請用紙が欲しいですが。」


「おたく、パソコン見れる?」


「はい。」


「そこに書いてあるから。」




………




「申請書を取りに来たのですが」



「ん!」


ドヤドヤドヤ。

(ちょっと、目上風の上司、上手から登場)


「ひとりでやんの?」


「はい」


何やらぶつぶつ、

引き出しを物色中の二人。   



料金も知りたかった俺なのだが、   

またしても、嫌な気分につつまれる…  

      

判らないな、この人たちは。



「次、来るとき電話して。担当が居ない事もあるから… 」   




またか。ここもか。



申請用紙を受け取り、

ふと机の上に目をやると

手数料の用紙があった。



おっ!




「これは、頂けないのですか?」


「ん?」


「料金書いてありますよ。これ。」


「ん?」…


「ああ」


「その料金、覚えていって」えっ!


「説明用だから、それ。」 


ドヤドヤさんは面倒くさそうに、言った。


……コレが欲しくて、来たんじゃ、おら!


もちろん心の声だ。



逆上し、机の上の書類をぶちまけた、おれ。



もちろん心の行動。

若者衆に羽交い締めにされた、おれ。

こころの中で想像。


このままドヤさんとのやり取りを進めたら、

僕の平常心も限界。

逮捕される前に退散が望ましい。

別に裏声で対応してくれなくてもいい。

笑顔もなくてもいい。

ふつーの対応でいいのに。   

威圧的で高飛車な態度。   


何が、このドヤさんをそうさせているのだ。   

目上に対しては従順なんだろううな。   

頑張ってくれよ。まったく。 

     

なんだか、残念。 

平均でいい。



過剰なサービスはいらない。

普通な対応で良いのになぁ。

バランス悪し。世の中は。


MAREBITO

古物と創作 【 MAREBITO 】 ジャンルや年代にとらわれない、何やらわからぬモノ、古物を組み合わせた創作モノや リメイクモノ多数。オリジナルで古くて新しい “創作古道具 ” を取り揃えています。

0コメント

  • 1000 / 1000