怖いのは頭の中と人。

おばけが怖かった小学生のとき。

不思議な経験はした事はあるけれど、

まだユーレイは見た事はない。

結局のところ、

ユーレイとは自分の頭の中で勝手に作り上げたソウゾウなのだ。


たぶん。


カタチが無いぶん、怖かったのだ。


今は違う。

ユーレイはもう怖くはない。

夜、トイレも一人で行ける。

怖いのはユーレイではなく、人なのだ。


人。




自転車で通勤途中。

いつもの緑道。

前方に上下ジャージを着た男が

全速力でこちらに向って走って来る!


タッツ!タッツ!タッツ!タッツ!


ん?なんだ!


男子100M決勝!のような凄まじい走り。

両手は大きく振られ、膝も高く上がっている!

ウサイン・ボルト級だ。


こ、こわい!


タッツ!タッツ!タッツ!タッツ!


うわああ!向ってくる!下りの遊歩道。

道路下に掘り込まれたトンネル。

左右の壁はコンクリーで固められ逃げ場は無いのだ!

自転車も加速している!

ボルトの姿も迫ってくる!


タッツ!タッツ!タッツ!タッツ!


やられる!

3m接近!彼の表情がわかる。

目線は僕の後ろを凝視していた!

助かった!(僕を狙っている訳ではない)

颯爽とすれ違う、ボルトとへたれな俺。


もし彼が僕をガン見しながら走って来たのなら、

こんなに怖いものはない。

だって、全速力だよ。全速力。

腕も大きく振れていたし。




オバケは恐くない。


どんどんと妄想を広げる自分の頭の中が恐い。

人がやらかす事と、自分のマイナスな想像力それが一番厄介だ。

また出会えたら、ボルトの走りを写真撮ります。


MAREBITO

古物と創作 【 MAREBITO 】 ジャンルや年代にとらわれない、何やらわからぬモノ、古物を組み合わせた創作モノや リメイクモノ多数。オリジナルで古くて新しい “創作古道具 ” を取り揃えています。

0コメント

  • 1000 / 1000