じいの極楽と俺の最悪。

血流が悪くなるので、今はない。

時間が沢山あった若き頃。

経験したであろう、腕枕。

目を覚ますと、腕を枕に彼女の寝息。

守ってあげたい、彼女の未来。

ちょっと開き加減の口元に

躰の芯に残っている鈍い疲れも吹っ飛んでしまう。

彼女の寝顔。 


嗚呼!なんて、しあわせなんだろう。



スポーツクラブに行って汗を流す。

サウナに入って、湯船に浸かって最後はマッサージ機で締める。

そう、僕の小っちゃな至福フルコースなのだ。



が、


至福を奪いとる、「じい」が居る。

クラブオープン時から居ると思われる地元の主が。


2台あるマッサージ機。

片方を己の昼寝用ベットとして使用しておるのだ。

ももひきのママ、1時間ほど身動きせずに昼寝をされておる。

その寝顔は正に、小学生の時に見たおじいちゃん最後の顔なのだ。   

お通夜の時の顔!   

お花に囲まれたおじいちゃんの顔!

口が大きく開け放たれ、縮れた毛髪と、ツヤのない肌。


息をしているのか心配して、

クラブのおっさんが口元に手を

かざしていたのを見たこともある。

だれも注意できない、地元の長老「じい」。

目を覚まさない、口を開けた「じい」のイビキ。


守ってあげたくない、未来が近い「じい」。

俺の至福の邪魔をする、「じい」の寝顔。

嗚呼!極楽、「じい」の寝顔。

嗚呼!最悪、今日の俺。




なんて、こった。

残り時間、少ないのわかるけど。ルールは守ろうよ。おひとり様、極楽は15分。

____________________________________

▲ダークサイドなMAREBITO主。茅場町に居ます。

MAREBITO

古物と創作 【 MAREBITO 】 ジャンルや年代にとらわれない、何やらわからぬモノ、古物を組み合わせた創作モノや リメイクモノ多数。オリジナルで古くて新しい “創作古道具 ” を取り揃えています。

0コメント

  • 1000 / 1000