SWATなレジ打ち。

レジ打ちのおばちゃんの話。

ちっちゃくて、眼鏡をかけている、おばちゃん。

ゼンマイ仕掛けの様な、おばちゃん。

笑顔を見た事がない、おばちゃん。


(実は凄腕だった、おばちゃん)


いつものコンビニで定番の小岩井のコーヒーと蒸しパンを買う。

カタ、カタ、カタ。


レジを打つ、おばちゃん。

軽快な音。

チン♪ 276円です。


財布から300円を出してお皿へ乗せる。僕。


カタ!

ゼンマイ仕掛けがレジを打つ。

僕がまだ、財布の中身を物色しているのでゼンマイ仕掛けの手がとまる。


ちょうど、6円があった!

ラッキー!

財布が軽くなる!

やったね!


眼鏡の中の目光る!

鋭い視線で、僕の次の動作を凝視しているのだ!    

(SWATに狙われた、標的の様な気分)


6円を出すと間髪入れずにレジを打つ。

カタカタカタ、 笑顔なし。


懲りずに財布を揺らしている僕を見て、観念しろ!早く出せ!

もう、包囲されているのだぞ!そんな警告を感じる。



緊張の一瞬、コンビニの空気が凍てつく。耐えられない間。だ!         

(た、たえれない)



財布の中に70円を見つけたが、

ゼンマイ仕掛けの鋭いオーラに負けて、

僕は観念の両手を上げたのだ。

あ!いいです。


カタカタカタカタカタ…


緊張は解かれ、大惨事は回避された。

ただのおばちゃんではないぞ!SWATのレジ打ちはせっかちなのだ。

____________________________________

▲SWATはMAREBITOの近所にいます!小銭を用意しろ!待たれるぞ!


MAREBITO

古物と創作 【 MAREBITO 】 ジャンルや年代にとらわれない、何やらわからぬモノ、古物を組み合わせた創作モノや リメイクモノ多数。オリジナルで古くて新しい “創作古道具 ” を取り揃えています。

0コメント

  • 1000 / 1000