エネルギーの使い道

自転車がパンクしたので、久々にベスパ通勤。

ヘルメットを抱え、外に出ると

うわ、やば。最近では珍しい風景。

迷彩柄にくだけた服装。

ヤンキーな中学生、男女5人。

アスファルトの地面に座り込んでいる。


俺はここに居るんだぜ!

俺に注目すれよ!わらわら。

私も居るわよ。見な、あたいを!せやせや。



恐るべし!彼らから発せられる、負のエネルギー!

気配を消して、ベスパに近づきキックするも

なかなかエンジンがかかってくれない!   


ベスパ:最近かまってくれないのね。もお!(イタリヤ語)   

僕  :ごめんよ、最近風邪ひいちゃって。 電車だったし…   

ベスパ:いつも言い訳ね、仕事と私どっちが……(もちろん、イタリヤ語)


僕とベスパの内輪喧嘩に気がついた少年、少女。

眉毛の無い目がこちらを向いている。

負のエネルギーの銃口がこちらに向いてきたのが判る。    


見るなコラ!座ってないで手伝え!くそガキ!   

そのエネルギーをベスパの起動に使わせろ!(こころの声)

何度かのキック後、やっと エンジン始動!

ブルルルルル~ パンパンパンパン。


その音とともに、ヤンキー全員の銃口、照準完了!

僕に向けられている!    


やられるう。


目を合わさぬよう、眉なしの前を横切る僕と不機嫌なベスパ。白い煙、モクモクだ!

鈴鹿F1全盛、スタンド席の客の様に右から左へ首をスライドさせる眉なし達。


ガン見である。    


なに見てんだ!コラ!    

義務教育中だろ、オラ!    

ゆとり教育世代だろーがぁ!と、

こころの声とともに、スピードをあげる僕がいたのだった。






もったいない、そのエネルギー。



エコで使えって。



南極のペンギンも怒ってるっちゅーねん。

▲省エネ!エレベーターなし。徒歩5階。いざMAREBITOへ!

MAREBITO

古物と創作 【 MAREBITO 】 ジャンルや年代にとらわれない、何やらわからぬモノ、古物を組み合わせた創作モノや リメイクモノ多数。オリジナルで古くて新しい “創作古道具 ” を取り揃えています。

0コメント

  • 1000 / 1000