大手町の親子。

ひとけのない休日。

証券会社の玄関先でポーズをとる息子。

心配そうに、カメラを構えた父を見ている母。

夕日を遮るよう、額に右手をあてている母の姿。


東京、大手町。オフィス街の路地で見かけた風景。

そこには、カツカツとしたサラリーマンの姿は無く

微笑ましい家族の一コマがあった。


僕にも同じ様な事があったな、と。ふと思い出す。

東京に出てきた頃の話。


____________



デザイン会社に勤めていた頃、

父と母が東京へやって来た。


東京観光がてら、どうしても見たいというので休日の会社に案内する。

事務所に父母がいる絵はとても場違いで、収まりのわるい違和感があった。

古い雑居ビルの一室に親子3人。

自分が制作に携わった下着のポスターが壁に貼ってあった。

ピンクのブラジャーのアップ写真。

あいまいな表情の父と母。


………



人の多さと電車移動で疲れた父と母。

早めに観光を切り上げ、コンビニで買ったつまみで晩酌をする。

緊張がほぐれ、安心したらしく、珍しく母まで少し酔っていた。

その夜、一間のアパートに毛布を敷いて、親子3人で眠った。


それから12年、母の七回忌の夜。

がらんとした自分の部屋の押し入れから母のアルバムが出てきた。

以前は開けなかったアルバム。

母と友達が写っている写真。慰安旅行の写真。いとこの結婚式の写真。

その他、ほとんどが姪っ子の赤ん坊の時の写真だったが、

その中に見たことの無い東京での自分の姿がある。


飛行場の写真や都庁前での写真、いつ撮ったのだ?アパートの写真まである。

なんと、会社に貼ってあったピンクのブラジャーまで。






一瞬手が止まり、アルバムを閉じてしまった。

まだ、ちょっと早すぎたのだ。アルバムを見るのは。

▲猿の親子もいます。いざMAREBITOへ!茅場町駅3分

MAREBITO

古物と創作 【 MAREBITO 】 ジャンルや年代にとらわれない、何やらわからぬモノ、古物を組み合わせた創作モノや リメイクモノ多数。オリジナルで古くて新しい “創作古道具 ” を取り揃えています。

0コメント

  • 1000 / 1000